最新ゴルフクラブ・ゴルフ場予約から100切りのコツも!

GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト

パターが基本!桑田泉クォーター理論でパットが重要な理由は?

更新日:

桑田泉のクォーター理論では、パターがとても重要と言われています。
その理由は、最も短いクラブであるパターがすべての基本で、打つ回数が最も多いからです。

 

 

クォーター理論でパターが重要な理由は?

桑田泉のクォーター理論では、パターを重要視しています。

 

その理由は

  • パターが14本のクラブで一番短くてスイングの基本
  • ラウンド中に一番多く使うクラブ
  • パット数は全体の打数の約40%を占める

からです。

 

これは、「クォーター理論だから」ということでもなく、ゴルフの基本とも言えます。
そもそも一番多く使うクラブをしっかり練習することで、効率よくスコアアップを図れるからです。

 

こちらの「桑田泉ゴルフやり直しのススメ」の漫画でも、とにかくパターの重要性をとなえています。

 

主人公は、もう、いやっていうほど、パターの練習を繰り返しています。

この漫画でも出ていますが、桑田泉のゴルフアカデミーでは、みっちり3カ月、繰り返し、繰り返しパター練習をやるそうです。

基礎、基本ができなければ、応用はできないってことですね!

 

パターの打ち方で気をつけるポイントはGAP3?

桑田泉のクォーター理論でパターを重要視している理由や打ち方、上達のヒントが、この動画に含まれています。

 

この動画で桑田泉がパターの重要性を語る中で、パット数の基準をこう語っています。

「90切りには36パット、100切りには40パット」

 

つまり、18ホールあるので、90を切るにはすべて2パット100切りは14ホールで2パット、残りの4ホールで3パットということになります。

 

そして桑田泉がパターの打ち方のポイントとして挙げているのは、

GAP3

という言葉です。

Grip
Adress
Ball Position

を略してGAP3です。
桑田泉のクォーター理論では、独自の記号のような言葉がでてきますね。

名称はともかく、このGAP3がしっかりできていることが重要です。

 

具体的には、

  • 手首、腕を使わない
  • 肩でストロークする
  • フォローではヘッドがカップよりも左寄り
  • パターのヘッドは体の中心で、それにボールを合わせる

といったところです。

 

まずはこれを実践して、1mのショートパットを100%入れることを目標に練習することが重要です。

 

自宅でのパター練習に便利なゴルフグッズ!

クォーター理論ではとくに1m以内のパットを重要視しています。

もちろんゴルフ場ではロングパットの機会も多いですが、そもそも1m以内のパットがしっかり入らないと、話にならないというのが桑田泉、クォーター理論の考えです。

1m以内のパットなら簡単と思っているかもしれませんが、実際にやってみると10球中に1球くらは外したりします
つまり、これだと3パットになる確率が高くなるので、90切りは難しいということです。

 

さいわいパターパットなどで自宅でも練習できますね!

最近では自動で戻ってくるパターマットもあります。

 

自動でボールが返ってきて便利ですね!
パットの練習がはかどります!

1mのパットを繰り返し、繰り返し、練習して完璧を目指しましょう!

 


桑田泉のクォーター理論におけるパターの重要性、いかがでしたか?

パットの重要性をしっかり理解し、繰り返し練習して1m以内のパットを完璧に入れることが、ゴルフのスコアアップへ確実につながります。

100切り、90切りを達成したいなら、頭でしっかり理解・納得できるクォーター理論が近道ですよ!

 

↓桑田泉のクォーター理論をDVDで学ぶならこれ!
→詳しくはこちら

 

紹介したゴルフ用品・ゴルフ雑誌・書籍

 

 

桑田泉クォーター理論をもっと知りたいなら

おすすめゴルフスクールはここ!

ライザップゴルフ

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのコラム, 桑田泉クォーター理論
-,

Copyright© GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト , 2018 All Rights Reserved.