最新ゴルフクラブ・ゴルフ場予約から100切りのコツも!

GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト

タイトリストVG3を試打!シャフトとセッティング次第で曲がらないドライバーに!

更新日:

タイトリストの新しいVG3ドライバーを試打してきました。

シャフトとホーゼルのセッティング次第で、飛距離がでてまったく曲がらないドライバーになりました!

VG3ドライバー2,018年モデルの試打レポートを紹介します。

 

ヘッドを軽量化してもまっすぐ飛ぶドライバー!

タイトリストのVG3ドライバー2018年モデルを試打してきました。

以前からくらべると917D2に似てきた印象がありますが、ヘッドを軽量化しつつまっすぐ飛ばすことができるとのことです。

たしかに実際に打ってみると、シャフトとセッティング次第では「曲がらない」ドライバーでした!

 

こんなゴルファーは試す価値あり

  • なるべくやさしく飛ばしたい
  • ゼクシオは使いたくない
  • しっかり振っても左にひっかけたくない(要セッティング)

 

では、さっそく試打レポートを紹介します。

 

純正シャフト50g台の46インチを試打!さすがにやわらかい?

今回、最初に試打させてもらったのは、こんなスペックです。

試打スペックはこちら

シャフト:純正タイトリストVG50 Sフレックス、先中調子、50g、トルク4.5
ロフトは10.5度
総重量は279g
バランスD4.0

 

さすがに軽くて長い印象です。

実際に試打してみると、飛距離はかなりのものですが、柔らかいのか左へ引っ掛けぎみです。

ただ、このスペックなら、ゼクシオテンに対抗できそうな気がします。

やさしく振って飛ばしたいなら、これもありでしょうね!

 

メーカーの方は、

「もう少し多めのVG60の60g台もあるので、通常だとこの2タイプでかなりのゴルファーをカバーできると思いますよ!」

とのことでした。

ちなみにVG60だと長さが45.5インチになるので、振りやすくなりそうですね!

 

カスタムシャフトIZ-5を試打!さらにぴったりのシャフトは?

 

純正シャフトであわないのは慣れているので、VG60は試さずにカスタムシャフトを試打させてもらいました。

こんなスペックです。

試打スペックはこちら

シャフト:ツアーAD IZ-5 Sフレックス、中調子、56g、トルク4.4 ロフトは9.5度
総重量は282g
バランスD4.5

 

カスタムシャフトではありますが、カタログに載っている純正カスタムといったところでしょうか。

すこしシャフト自体がしっかりした印象です。

ロフトも9.5度にしてもらったんですが、実は10.5度と9.5度では、ヘッドの中身が違うそうです。

9.5度は10.5度に比べてつかまりにくいセッティングになっているとのこと。

実際に打ってみると、たしかにつかまり(ひっかけ)は、純正よりも抑えられていました。

でも、まだすこしひっかかる印象です。

 

そこで、このシャフトを持ってきてくれました。

ツアーADのGP-5Sです。

これは完全にカスタムシャフトで、グラファイトデザインのなかでも、すこし前のモデルです。

 

タイトリストの担当者いわく

「中調子ではあるんですが、わりと元調子に近いので、しっかり振る人には向いている」

とのこと。

さらにホーゼルのセッティングを変更してくれました。

「2番めにつかまらないセッティングです。これで打ってみてください」

と一言。

 

実際に打ってみると、なんと、まっすぐ220ヤードのネット直撃です!

え、これホント?って思うくらい、最初の純正シャフトのドライバーとは同じものとは思えないような弾道です!

その後、何球か打たしてもらいましたが、まったくと言っていいほど曲がらず、ネット直撃を連発!

 

手加減せずにしっかり振ってください!

と言われたんですが、どんなに叩いても左に引っかからないんですよね〜

いままで試打したドライバーの中でもベスト3に入るくらい、曲がらずにしっかり飛んでいた印象です!

これはいい!

セッティングは16通り!しかも以前のドライバーと互換性のあるスリーブ

シャフトの違いはもちろんですが、このセッティングには驚きました。

タイトリストのホーゼル(スリーブ)は、16通りのセッティングができるとのことで、つかまる、つかまらない、球を上げる、球を抑える、などの調整ができるんですね〜

 

ひと目でわかるようなパフォーマンスガイドっていうのがあります。

これはVG3用で、A-1が標準。上にいくほど球が上がって、左に行くほどつかまりやすくなります。
ライ角をフラットにして、ロフトを立てると、つかまらなくなります

このセッティングの幅はありがたいですね。

 

タイトリストの担当いわく

「冬場と夏場ではヘッドスピードがけっこう違うので、セッティングを変えるといいですよ!」

とのことでした。
確かにそうですね。

しかも以前のドライバーとも互換性があるとのことで、VG3ドライバーの2016年モデル、2014年モデル、917・915・913・910ドライバー用のSURE FIT Hosel付きシャフトも使えるとのことです。

だからタイトリストユーザーは、ずっとタイトリストユーザーなんでしょうね!

 

幅広いゴルファーに対応できるVG3ドライバー

VG3を試打してみて、シャフトやセッティング次第で、かなり幅広いゴルファーに対応できるドライバーだということを感じました。

 

パッと見た印象だと、けっこうハードそうなんですが、純正シャフトならやさしく飛ばせそうですし、純正だけで2種類選べて、ヘッドの違い(9.5度と10.5度)もいれたら4種類と、選択の幅が広いのもうれしいですね。

 

しかもこのヘッドの技術、なんかビックリですよね。

ヘッドを軽量化して、ヘッドスピードをあげて、それでいて直進性を高めるって、たしかにすごいテクノロジーだなと、感じました。

 

なにより、シャフトの選び方とセッティング次第で、あんなに引っかかっていた弾道が、まっすぐ強い球が打てるようになるなんて、ちょっと感動モノです!

 

やさしくまっすぐ飛ばしたいゴルファーはもちろん、左を嫌うゴルファーでも使える幅の広さが、VG3ドライバーの最大の特長かもしれないですね!

 

 

今回試打したVG3ドライバー

タイトリスト VG3ドライバー 2018年モデル

 

まとめ

タイトリスVG3ドライバーの試打レポート、いかがでしたか?

やさしく飛ばしたいゴルファーからハードに振っていくゴルファーにも対応できる幅の広さは、とっても魅力的です。

さらにセッティングを調整できるのも、いいですね!
スライス、引っ掛け、夏や冬によって、セッティングを変えるなんて、ちょっとプロっぽいですしね!

VG3ドライバー、かなりおすすめですよ!

いま売れてるドライバーはこれ!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフギアの話, ドライバー
-

Copyright© GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト , 2019 All Rights Reserved.