やっぱりあったカチャカチャ付きのローグスタードライバー!US仕様はいいとこ取りモデルがある?

US限定の激安ゴルフクラブが充実している「フェアウェイゴルフ」を見ていたら、思わず「ん、なんだこれ」というドライバーを見つけたので紹介します。

キャロウェイのローグシリーズのドライバーで、日本仕様にはないモデルがあるんです!

 

US仕様が豊富なフェアウェイゴルフでみつけたローグのカチャカチャ付きドライバー!

US仕様のドライバーやパターなどが豊富なフェアウェイゴルフでドライバーを見ていたら、キャロウェイのローグスタードライバーにカチャカチャが付いたモデルを発見しました。

これです!

ローグドロードライバーです!

このローグドロードライバーは、US仕様にしかないモデルなんですね〜

パッと見ただけだと分かりづらいですが、確かに、これ、日本仕様にないですね!

 どこが違うか、わかりますか?

カチャカチャ付きだから限定ローグかサブセロ?でもウェイトの位置が違う!

ローグスターと限定のローグドライバー、さらにサブゼロがある日本仕様ですが、カチャカチャ付きはローグドライバーとサブゼロです。

US仕様のローグドロードライバーはカチャカチャ付きなので、ローグドライバーかサブゼロのUS版なのかと思ったら…違うんですね〜

こちらを見るとわかります。

ローグドライバーはこれ

サブゼロはこれ

そして、US仕様のローグドロードライバーはこれです。

 

「ん、ちょっとまった。これってローグスター?」

「でもカチャカチャ付き?」

そうです、これってローグスターのカチャカチャ付きドライバーなんです!

これをみれば一目瞭然です。

日本仕様のローグスタードライバー

US仕様のローグドロードライバー

ちょっと斜めですが、ヘッドの形状は同じで、ウェイトの位置が同じです。
サブゼロとローグドライバーはウェイトの位置が違うんですね〜

ローグシリーズの中で一番やさしいとされているのはローグスターなので、それにカチャカチャが付いていれば調整ができてさらに良さそうですよね!

ロフトは-1度、+1度、+2度の調整ができるし、ライ角もDポジションでさらにアップライト(ドロー気味)に設定できます。

つまりこれは、US仕様にしかないローグシリーズののいいとこ取りドライバーってことです!

前作のエピックでもそうでしたけど、なんで日本仕様に、このカチャカチャ付きローグスターがないのか、不思議ですね〜

US仕様ローグドロードライバーのシャフトは何種類?

いまさらですが、カチャカチャ付きドライバーが全盛なのに、あえて付いてないのを買うのもなんですよね〜

どうせならいろいろ設定してみたいし、シャフトも差し替えたい!

スリーブ付きのシャフトの便利さを味わってしまうと、もう従来のリシャフトには戻れないですよね〜

そう考えると、ローグドロードライバーってことになります。

ローグドロードライバー、もともとのシャフトは何が標準なんだろう?

気になったので調べてみたら、

Aldila Quaranta 40 Driver Graphite
(アルディラ クアランタ40:40g台 中調子)

Aldila Synergy 50 Driver Graphite
(アルディラ シナジー50:50g台 中調子)

Aldila Synergy 60 Driver Graphite
(アルディラ シナジー60:60g台 中元調子)

Project X EvenFlow 65 Driver Graphite
(プロジェクトX イーブンフロー65:60g台 中調子)

Project X HZRDUS Yellow 65 Driver Graphite
(プロジェクトX ハザーダスイエロー65:60g台 先調子)

Project X HZRDUS Yellow 75 Driver Graphite
(プロジェクトX ハザーダスイエロー75:70g台 元調子)

といったラインナップでした。

以前だと60g台が主流だったんでしょうけど、最近は軽いドライバーが増えてきてるので、あえて標準として考えると、50g台のアルディラ シナジー50とかなんですかね〜

そのほかにも、クロカゲシルバースピーダーエボTSが刺さっているものもあるようです。

並行輸入を取り扱っているゴルフショップをさがせば、ほとんどのシャフトがありそうでが、比較的ハードなシャフトは少なそうですね。

ローグスター自体、60g台とか70g台のシャフトで使うドライバーっていうわけでもないですしね。

しかし40g台はなかなかめずらしいですね〜

US仕様のローグドロードライバーで注意することは?

ローグドロードライバーはUS仕様のみ、日本未発売ですが、注意することは何でしょうか?

ローグドロードライバーに限ったことではないですが、

日本正規品ではないのでメーカー保証がない。

ローグスターと同じといってもカチャカチャ部分の重量だけ重い可能性がある。

内部の構造がまったく同じだとは限らない。

というところでしょうか。

このあたりはUS仕様を買う上で覚悟はしておいたほうがいいでしょうね!

メーカー保証がない代わりに、お店の保証があったりしますね。

でも、それを差し引いてもありあまるメリットがありますよね!

カチャカチャ付きでロフト、ライ角が調整できる!

スリーブ付きシャフトを差し替えて簡単にリシャフトできる!

前から使っているキャロウェイのシャフトがあれば使える!

といったところです!

私も実際にやったことがありますが、例えば、サブゼロで標準となっているシャフトをスリーブ付きで買って、付け替えるってことも簡単にできます!

はっきりいって、これ、おすすめです!

今回紹介したローグドロードライバー

US仕様を取り扱う店舗はいろいろありますが、おすすめはフェアウェイゴルフです。

⇒フェアウェイゴルフはこちら

シャフトのラインナップが豊富で、注文時に選べるので便利です!
オプションですが、最初からツアーADのシャフトなんかも選べるのはうれしいですね!

 

そのほか、楽天市場、ヤフーショッピング、Amazonはこちらを参考に。

ローグドロードライバー Aldila Quaranta 40(アルディラ クアランタ40)

ローグドロードライバー Aldila Synergy 50(アルディラ シナジー50)

ローグドロードライバー Project X EvenFlow 65(プロジェクトX イーブンフロー65)

ローグドロードライバー Project X HZRDS Yellow

ローグドロードライバー Mitsubishi Kurokage Silver TiNi 60

ローグドロードライバー スピーダーエボリューションII665TS/765シャフトTS

 

ゴルフ仲間から「えっ、なにこれ?」って言われたいならUS限定仕様!

フェアウェイゴルフでみつけたローグドロードライバー、いかがでしたか?

キャロウェイのUS仕様は、前作のエピックもそうでしたし、いいとこ取りモデルが多いですよね!
フェアウェイゴルフのように、USモデルを輸入しているお店は、こういったときに重宝しますね!

日本仕様よりも機能的で安いモデルがあったり、希少価値の高いレア物を発見することもありますよ!

⇒フェアウェイゴルフはこちら

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフギアの話
-

Copyright© GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト , 2020 All Rights Reserved.