【覚えておきたいゴルフのルール】バンカー内でマークした場所のライが変わってしまった場合はどうする?

覚えておきたいゴルフのルールを紹介します。

今回はバンカー内でライが変わってしまったときの対処について解説します。

 

バンカー内に2つのボールが至近距離でマークした方のライが変わってしまった

バンカーショット

2人の競技者のボールが、同じバンカー内のすぐ近くにありました。

片方がマークしてボルを拾い上げ、もう一人の方が先に打ちましたが、マークした場所のライが変わってしまいました。

このように、マークした場所のライが変わってしまったとき、どのように処置すれば良いのでしょうか?

元の状態に復元してリプレースするのか?

バンカー内は「あるがまま」が基本だから、そのまま打つべきでは?

 

バンカー内はライを復元しなければならない

そもそもバンカーの中の砂に不用意に触れることは厳禁です。
砂質のテストやライの変更につながるので、即ペナルティの対象になります。

しかし、今回のようなケースでは、そのまま打つと違反になります。

ルールブックの「砂の中の球」の規定で、「球を元の箇所にリプレースする場合、元のライをできるだけ復元しなければならない」とあります。

これはバンカーの内外を問わず砂がある場所が対象で、砂に潜っていなくても同じことが適用されます。

なので、今回のようにマークして再びその場所にボールをおく場合はリプレースとなるので、その場所のライが変えられた場合は、可能な限りライを復元しなければなりません。

つまり、それが「あるがまま」に近づく方法だからです。

 

リプレースのライが変えられたまま打つと2打罰!

ちなみに、変更されたライを復元しないで打ってしまうと2罰打となります。

砂の中以外では、「元のライに最も近く、最も似ていて、1クラブレングス以内でホールに近づかず、同じコースエリア」へのリプレースとなるので、覚えておくと良いでしょう。

ライを戻さず難しいライから打ったのに2打罰がつくなんて、ちょっとやりきれませんよね。

しっかり覚えて、対処しましょう。

 

 

 

今回はバンカー内のマーク、リプレースに関して解説しましたが、いかがでしたか?

よく言う「あるがまま」の状態にも、いろいろな解釈があるので注意が必要です。

よけいな罰をもらわないように、気を付けましょう!

「確かこうだったはず」と思っていても、実際のラウンドでは曖昧になってしまいがちで、勘違いしていることもあります。

しっかりとルールを守ってゴルフを楽しみましょう!

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフパフォーマンス

ゴルフパフォーマンス

ゴルフクラブ買取はこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのコラム
-

© 2021 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト