最新ゴルフクラブ・ゴルフ場予約から100切りのコツも!

GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト

ピンG30ドライバーで2ラウンド目! 後半、スライス連発の原因は?

更新日:

ピン(PING)のG30ドライバーで2ラウンド目をしてきました。前回、純正のTFC390のSシャフトに手こずりました。

ピンG30ドライバーで初ラウンド!油断するとスライスする?

 

今回は力を入れすぎないことを念頭に置いて、ラウンドしてきました。

 

G30ドライバーの純正Sシャフトはやっぱり手強い

 

前回、ピンG30ドライバーでの初ラウンドでは、純正シャフトのTFC390Dにかなり手こずりました。

フレックスSはなかなか手強かったです。

その後、珍しく練習場で打ち込みましたが、なかなか良い感じがつかめず…。

気がつくとかなりギュッと握って、力が入っていたので、とにかく力を入れすぎないことを意識してラウンドしてきました。

 

カチャカチャでロフトをアップ

前回からの変更点は、ロフト調整機能、いわゆるカチャカチャでロフトをアップしたことです。

ピンのG30ドライバーは、+0.6度と+1度の2段階でアップが可能。今回は+1度で挑みました。理論上は10度ですかね。リアルロフトは違いますが。

練習場でも試してみましたが、この1度のロフトアップは意外に効果があります。球が簡単に上がります。しかもピンG30ドライバー特有の、ドーンという直進性とマッチすると、なかなか落ちてこない大きな球が打てます。

いまだに、安定感はありませんが、たまに良い当たりをすると、そんな感じの球が飛んでいきます。

ゴロを打つつもりで!の中井学の動画を見て…

ロフトアップしたこともあり、変にあおり気味に売ってしまうような気もしていたのですが、たまたま前日に、中井学の動画を見ました。

 

この中で、「ドライバーはゴロを打つつもりで!」と言っていたので、ちょっと意識してみました。

1番ホールがたまたま打ち下ろしだったのもあり、これを実践。ボールはみごとにフェアウェイを転がり、いいところまできました。

出だしが良かったこともあり、前半9ホールはまずまず。球筋もストレートかややドロー気味。

ドライバーでティショットを打った7ホールのうち、フェアウェイキープは3ですが、実際は良い当たりはあと2つありました。

打ち下ろしのホールで、ゴロを打つつもりは、いいかもしれません。

後半9ホールはスライス気味

この調子で、というのがなかなか上手くいかないのがゴルフです。

後半の9ホール、出だしは良い辺りをしたものの、やや荒れ気味。当たりが悪いです。

こんなところに当たってるので、それはスライスもしますね。

こうなると負の連鎖です。スライスを嫌がり引っ掛け、引っ掛けを直そうとスライスして…右へ左へ。

後半の9ホールは、7ホールのドライバーショットのうちフェアウェイキープは3ホール。

どスライスのOBがひとつ。法面に救われたのがひとつ。テンプラがひとつ。

なかなか手強いですね〜、ピンG30ドライバー。

ただ、前回よりは手応えありなので、もう少し粘ろうかと思います。

このドライバー、しっかり振れないとまっすぐ飛ばないのは明らかです。

珍しくゴルフ練習場で、打ち込まなくては!と思わせてくれたドライバーですね〜

  

今回試したピン(PING)G30ドライバー

 

 

いま売れてるドライバーはこれ!

おすすめゴルフスクールはここ!

ライザップゴルフ

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのコラム, ドライバー
-, ,

Copyright© GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト , 2018 All Rights Reserved.