【ゴルフあるある】いつになっても100切りできない人の傾向「あまりにも自己流なスイング」

ゴルフは不思議なスポーツで、長年続けていてもいまだ100を切れないゴルファーというのはたくさんいます。

なぜ上手くならないのかを客観的に見ると、いくつかのパターンに当てはまりそうです。

ゴルフが上達しない人の共通の特長と傾向を紹介します。

今回は「あまりにも自己流すぎるスイング」について紹介します。

ゴルフスイング

トッププロはみんな我流だと言い張る100たたきゴルファー

これは実在するゴルファーの話ですが、「トッププロはみんな我流」といつも言い放っている人がいます。

その方も、多分にもれず、我流(亜流)で、よく言えば個性的。

はっきり言えば、ちょっと変。

やっぱり、ゴルフのスイングは誰かにしっかり習わないとプロのようなスイングは身に付かないものです。

自分だけの力で上手くなろうという心意気は立派ですが、それではうまくならないものです。

とくに男性は自己流でゴルフを続ける傾向がつよく、スイングが変則的なゴルファーが多い傾向にあります。

そもそもゴルフのスイングは不自然な動き

そもそもゴルフスイングは自然な動作ではなく、むしろ不自然な動きです。

グリップをとってしても、違和感ありありの握り方です。

そんなスポーツなので、誰にも習わずにクラブを振り始めると、しまいには「トッププロは我流」とか言ってしまいます。

自己流だとほぼ間違いなく、変なフォームになります。

ゴルフは止まっているボールが相手だからなんとか当てることはできます。

しかしそのうち、左右に散っていくボールをまっすぐ飛ばそうとして、独自開発をはじめます。

多分にもれず、前出の我流ゴルファーは、変なオープンスタンス、トップの位置を気にして、グリップが間違っています。

みごとに変則スイングが完成しています(泣)

スイングの基本をおろそかにすると上達しない

もちろん我流の変則スイングでも、場数を踏んでいけばそこそこのレベルまでは行けるかもしれません。

しかし、つねに80台で回りたい、70台を出したいとか、さらにはシングルゴルファーになりたいなどの目標を設定すると、大きな、本当に大きな壁にぶち当たります。

よく耳にする言葉ですが、「最初に基本を習っておけばよかった」というのは後の祭り。

一度体に染み付いた悪い癖を治すのは、変則スイングでまっすぐボールを飛ばすよりも、数段むずかしく、至難の技です。

見に覚えのある方、もうわかっていますよね。

ここから本気で上達したい、シングルを目指したいというなら、悪いことは言いません、今からでもコーチに習いましょう。

レッスンを受けましょう!

 

自己流すぎるスイングで上達しないゴルファーの話、いかがでしたか?

自分は普通、ノーマルと思っていても、じつは違っていたりします。

本当にゴルフの上達を望むなら、しっかりレッスンを受けるのもありですよ!

 

ゴルフ上達の近道は習うこと

おすすめのゴルフレッスンはこちら

※ゴルフ100切りしたいなら…

 

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのコラム

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト