【ゴルフあるある】いつになっても100切りできない人の傾向「練習しないゴルファー」

ゴルフを長年続けていても、なかなか100を切れないゴルファーはたくさんいます。

なぜゴルフが上達しないのか?を客観的に考えてみると、100切りできないゴルファーは、いくつかのパターンに当てはまります。

今回は、ゴルフが上達しない人の共通の特長のひとつでもある「練習しないゴルファー」について紹介します。

 

練習しないゴルファーは意外に多い

ゴルフ練習場で練習していない人が意外に多いのをご存知でしょうか?

当たり前の話ですが、練習しない人は上手くなりません。
それは当然です。

よく耳にするのは、「来週、会社のゴルフコンペがあるから練習しなくちゃ」なんて言葉です。

ラウンドの直前に慌ててゴルフ練習場に行く人、結構いますよね。

でもそれは、それは練習ではなく、ほぼリハビリに近いです。

前回のラウンドから何も進歩しない状態で、次のラウンドに挑むわけですから、大した度胸ですが、度胸ではゴルフはうまくならないんですね。

ある意味、こういう付け焼き刃的なゴルフの練習では、ほぼ上達しないと言えるでしょう。

 

ゴルフ練習場でひたすら打つまくり500球も打ったと自慢するゴルファー

その場しのぎの練習よりはましながら、それでも残念なゴルファーとして挙げられるのが、ひたすら同じことを繰り返して、本当に「打ちっぱなし」になっている人です。

練習場にはたまに行くものの、ひたすらいつものスイングで打ち続ける。
こんな人は残念ながらスキルアップが望めません。

ゴルフは自分の間違った感覚を修正していくことで動きが改善されます。
間違っていても、ずっと自分の感覚のまま打っていては何も変わりません。

ただただボールを打っているだけでは、なかなか上達はしません。

 

もし本当にゴルフが上手くなりたいと思って、練習しようと思うなら、レッスンを受けたり、ゴルフの上手い人に見てもらって、改善点を指摘していもらいましょう。

また、いまらなら動画をとって、効果的に自分の弱点を見つけ出して修正することもできます。

指摘された自分の弱点や修正ポイントを繰り返し練習すれば、必ず効果は現れます。

効果的な上達方法を考えて、100切りを目指しましょう!

 

ゴルフ上達の近道は習うこと

おすすめのゴルフレッスンはこちら

※ゴルフ100切りしたいなら…

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのコラム

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト