【おすすめ】コブラのKING F8をレビュー!クラブごとに飛距離と方向を記録可能

2018/07/08

コブラのニューモデルKING F8が発売されました。

グリップにセンサーが付いていて、使用した番手、距離と方向を記録する画期的なクラブ。
さっそくレビューをお届けします。

コブラ KING F8が新発売!グリップエンドにセンサー内蔵

コブラのニューモデルKING F8はコブラ社が製造している人気のゴルフクラブの最新モデルです。

コブラ KING F8はドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンがラインナップされています。

また、アイアンはワンレングスモデルも用意されています。

 

コブラ KING F8の特徴

コブラ KING F8には2つの特長があります。

まず1つ目が、コブラコネクトという機能で、グリップエンドにセンサーを付けてゴルフコースのどこへ打ったか、どのくらいの飛距離が出たかを記録できることです。

専用のアプリをスマホに入れて、コースのどこからどこへ打ったかがわかります。

そして2つ目が、ハイブリッドとアイアンにワンレングスモデルが用意されていることです。

ハイブリッド、アイアンがそれぞれ同じ長さのロフト違いで構成されています。

 

コブラ KING F8のデメリット

コブラ KING F8のデメリットを2つ紹介しておきます。

まず、グリップに付いているセンサーでショットを記録する画期的な機能が付いていますが、使いこなすにはスマホアプリの設定が必要です。

各番手でペアリングという作業が必要になります。

また、アイアンのワンレングスモデルは、いま注目されているものの、まだ主流になるかどうかはわかりません。

新しいもの好きなら問題ありませんが、いままで通りのゴルフクラブが使いやすいと感じているなら、難しいでしょう。

 

コブラ KING F8のメリット

最後にコブラ KING F8のメリットを3つ紹介します。

特長はここ

  • コブラコネクトでどこへどのくらいの距離を打ったかがわかる
  • コブラコネクトは40,000コース以上でアクセス可能
  • ワンレングスモデルならミドルアイアンも打てる

COBRA待望のNEWモデル「KING F8シリーズ」は、より薄く、厚みに変化をつけた新しいフォージドフェース構造になっています。

フェースのあらゆる打点において、より速いボール初速とより大きな飛距離を実現しています。

また、軽量カーボンファイバーのプレートを全ての番手に配置することで、心地よいフィーリングとイメージ通りのパフォーマンスを実現。

そしてCOBRA CONNECT(コブラコネクト)を使えば、ショットを追跡、記録できます。

コブラコネクトは世界40,000以上のコースにアクセス可能で、各個人のデータを自ら解析できるので、自分の長所と短所を知ることができます。

それをもとに効率的な練習に取り組めるので上達が見込めます。

さらにアイアンはスタンダードレングスとワンレングスをラインナップ。

苦手なロングアイアン、ミドルアイアンも同じ長さなら打てる可能性があります。

以上がコブラ KING F8の紹介になります。

詳しい商品の特徴、価格はこちらのページで見ることができます。

 

コブラ KING F8 ドライバー

コブラ KING F8 フェアウェイウッド

コブラ KING F8 ハイブリッド

コブラ KING F8 アイアン

 

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

いま売れてるドライバーはこれ!

いま売れてるアイアンはこれ!

いま売れてるユーティリティ!

いま売れてるFWはこれ!

ゴルフ専門店でさがす!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフパフォーマンス

ゴルフパフォーマンス

ゴルフクラブ買取はこちら!

スポンサーリンク

-アイアン, ゴルフギアの話, ドライバー, フェアウェイウッド, ユーティリティ
-

© 2021 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト