賞金王・賞金女王ともにドライバーはピンG400LSテック!

賞金王の宮里優作、賞金女王の鈴木愛ともにピンのG400LSテックドライバーを使っています。

直進性が高く低スピンで飛距離がでるのが、このドライバーの特長です。

 

鈴木愛、宮里優作ともにドライバーが安定

鈴木愛が賞金女王、宮里優作が賞金王になりました。
いずれも今回が初となります。

鈴木愛は平均パット数が注目されがちですが、ドライバーも飛んで曲がらず、アイアンの精度も高く、トータル的なバランスが取れていました。

 

宮里優作も同様で、パターの精度が上がり、元々のショットの切れに加えて、安定感のあるドライバーが際立ちました。

とくに最終戦のJTカップでの宮里優作のドライバーショットは、まったくの迷いがなく、ほぼフェアウェイをキープするほどの安定感、安心感がありました。

このふたりが使っているドライバーは、ともにピンのG400のLST(LSTEC)です。

 

 

G400の中でプロが使えるドライバーがLST

宮里優作は発売当初から、鈴木愛はTOTOジャパンクラシックからG400のLSTを使っています。

もともとGドライバーを使っていたふたりですが、G400へのすんなり乗り換えたとのことでです。

 

 

宮里優作に関しては、アイアンもその後、ピンのi200に変更し、ユーティリティもピンのクロスオーバーを入れていたようです。

 

G400シリーズのドライバーは、G400のスタンダードモデル、スライスしづらいG400SFT、そしてスピン量をおさえて飛ばせるG400LSTがラインアップされています。

 

プロゴルファーは飛距離を重要視することもあり、LSTを選んでいますが、このドライバーはバランスがよく、低スピンで直進性がよく、左右への曲がりも少ないので、使い勝手が良いんです。

 

ピンのクラブにはプロトタイプがない?

通常、クラブメーカーは契約プロ用に特別なクラブを用意するものです。

しかし、ピンのメーカーの人に聞いた話では、いわゆるプロトタイプいうものはピンには存在しないらしいです。
つまり、市販されているものと全く同じものが供給されているそうです。

 

そうはいっても、もちろんプロはカスタムして、いろいろなバランスを調整していますが、元のクラブ自体は全く同じというのは、珍しいかもしれません。

 

しかもピンのクラブは、契約フリーの選手が使うことも多いので、

「フリーの選手が使ってくれるのは、本当の意味で良いクラブだという証明なので、とてもうれしい」

とメーカーの人が語っていました。

 

男子プロに限って言えば、最後まで賞金王を争ったチャンキムもピンの契約選手で、やはりG400LSTドライバーを使っていました。

 

そのほか男子では永野竜太郎、塚田好宣、尾崎将司、女子プロでは比嘉真美子がG400LSTを使っていまいた。

 

2017年、ピンのG400はプロの間で人気のドライバーとなりました。
もちろんアマチュアゴルファーにも人気で、発売以来、G400シリーズのドライバーは常に上位です。

今後もプロの間でG400LSTドライバーを使う人は増えていきそうですね!

 

ピン G400 LS TEC ドライバー


賞金女王、賞金王の共通ドライバーのG400LST、いかがでしたか?

以前、試打会で実際に打ってみた感じは、たしかに強いボールがスッと遠くへ飛んでいく印象でした。
飛んで曲がらないドライバー、これこそアマチュアゴルファーの憧れですね!

 

 

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

いま売れてるドライバーはこれ!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフギアの話, ドライバー
-, ,

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト