【注目】ピンG425ドライバーは今が買い時!スライサーからアスリートまで幅広いタイプのゴルファーにおすすめ

2021/02/27

ピンのG425ドライバーは曲がらないで飛距離がかせげるので人気があります。

いまが買い時のG425SFT、G425MAX、G425LSTのそれぞれの特長とおすすめのゴルファーを、口コミもあわせて紹介します。

 

ピンG425SFTドライバーは日本人にもっともハマる!

ピンG425SFTドライバー

ピンG425シリーズの中で、最もつかまりのよいのが「SFT」です。

G425SFTは、スライサーが多い日本のゴルファーにもっともハマるドライバーで、振りやすくミスに強いので、万人向けです。

ピンG425SFTドライバーはこんなゴルファーにおすすめ

こんな人におすすめ

  • 右へのスライスが治らないスライサー
  • ヘッドスピードがそれほど早くない初級から中級ゴルファー
  • ドライバーをしっかり振り切れていないゴルファー

 

ピンG425SFTドライバーの口コミ

40台・男性

もともとスライサーで、いつも加減しながらスイングしていました。
でもG425SFTドライバーを打ってみたら、とても構えやすく、思い切って振れるようになりました。
その結果、飛距離がアップして、いまではエースドライバーとして手放せなくなりました。

 

ピンG425SFTドライバーのスペック・価格

ヘッド素材:FORGED T9S+チタン(フェース)、811チタン(ボディ)
体積:460cc
ロフト角:10.5度
ライ角:59.5度
長さ:45.75インチ(ALTA J CB SLATE)
重さ:約292g(ALTAJ CB SLATE R)
シャフト(フレックス):ALTA J CB SLATE(R、SR、S、X)ほか
価格:7万7000円+税~

 

詳しい商品の特徴、価格はこちらで検索できます!

ピンG425SFTドライバー

 

 

 

ピンG425MAXドライバーは本当に曲がらない!

ピンG425MAXドライバー

ピンG425シリーズの3モデルの中で、もっともミスに強くて直進性が高いドライバーです。

いまは曲がらないドライバーの代名詞にもなっていて、左右だけでなく、上下のミスヒットにも強いので、とてもやさしいドライバーです。

 

ピンG425MAXドライバーはこんなゴルファーにおすすめ

こんな人におすすめ

  • まっすぐ飛ばしたいゴルファー
  • スライス気味のゴルファー
  • ミスヒットが多いゴルファー

 

ピンG425MAXドライバーの口コミ

30台・男性

今までのクラブだと右に飛んだり、左に引っ掛けたという場面でも、G425MAXドライバーだと真っすぐ飛んでいることが多いように感じます。
ミスしても、曲がり幅が許容範囲内におさまるので「助かった」ということもしばしば。
ミスがミスにならないビックリなドライバーです!

 

ピンG425MAXドライバーのスペック・価格

ヘッド素材:FORGED T9S+チタン(フェース)、811チタン(ボディ)
体積:460cc
ロフト角:9、10.5、12度
ライ角:59.5度
長さ:45.75インチ(ALTA JCB SLATE)
重さ:約301g(ALTA J CB SLATE SR)
シャフト(フレックス):ALTA J CB SLATE(R、SR、S、X)ほか
価格:7万7000円+税~

 

詳しい商品の特徴、価格はこちらで検索できます!

ピンG425MAXドライバー

 

 

 

ピンG425LSTドライバーは低スピン・強弾道のアスリート向き

ピンG425LSTドライバー

前作のG410LSTよりも、さらに低スピンになり、ヘッドスピードの速い人やアスリート向けになったのがG425LSTドライバーです。

ツアープロでも吹け上がらないほどのロースピンで、強い球がまっすぐ飛んでいきます!

 

ピンG425LSTドライバーはこんなゴルファーにおすすめ

こんな人におすすめ

  • 強い球で飛ばしたいアスリートゴルファー
  • 低スピン・低弾道で飛ばしたい競技ゴルファー

 

ピンG425LSTドライバーの口コミ

30台・男性

ひっかけのミスが多くて困っていたんですが、G425LSTドライバーを使ってみたら、ほどよいドローになりました。
構えたときに安心感があるため、自信をもって振り抜けるので、自然とスムーズなスイングになったような気がします。
ヘッドスピードも前よりも上がって、芯を食うようになりました。

 

ピンG425LSTドライバーのスペック・価格

ヘッド素材:FORGED T9S+チタン(フェース)、811チタン(ボディ)
体積:445cc
ロフト角:9、10.5度
ライ角58度
長さ:45.75インチ(ALTA J CB SLATE)
重さ:約306g(ALTA J CB SLATE S)
シャフト(フレックス):ALTA J CB SLATE(R、SR、S、X)など
価格7万7000円+税~

 

詳しい商品の特徴、価格はこちらで検索できます!

ピンG425LSTドライバー

 

 

 

公式サイト

https://clubping.jp/product/product2020_g425_d.html#max

 

今回は、ピンのG425ドライバーをタイプ別に紹介しましたが、いかがでしたか?

スライサーならSFT、真っ直ぐ飛ばすならMAX、強い球が打ちたいならLSTと、それぞれ性格が違うので、一度、打ち比べてみる価値はあるかもしれませんね。

参考までに。

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

いま売れてるドライバーはこれ!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフギアの話, ドライバー

© 2021 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト