【注目】新登場のテーラーメイド・ステルスドライバーは弾道の高さで3種類!カーボンフェースのスグレモノ!

新登場のテーラーメイドドライバー「ステルス」を紹介します。

ステルスドライバーはフェースにカーボンを採用した画期的なクラブです。

3種類をラインナップし、それぞれ弾道の高さが違います。

ステルスドライバー

3種類のステルスドライバーを発表!発売は2月4日

テーラーメイドから発表された新しいドライバー「STEALTH」はプロもこぞって使用するフラッグシップモデル「STEALTH PLUS+」とはじめ、高慣性モーメントで直進性を重視した「STEALTH」とドローバイアス設計でつかまりのいい「STEALTH HD」の3モデルをラインナップしています。

どのモデルも金属ではありえないような、驚異的なボールスピードを誇っています。

 

飛んで曲がらないドライバーの条件を備えたステルス

ステルスHDドライバー

ステルスシリーズは、スタンダードモデルのステルスのほかに、つかまった高弾道が打ちやすいステルスHD、スライディングウェイトを搭載したステルスプラスの3つのモデルがラインナップされています。

3モデルとも、ボール初速がはやくて低スピンで、飛びの条件がそろったドライバーです。

すごいポテンシャルを秘めていて、しかも低スピンということは、ミスヒットなどでボールの回転軸が傾いた場合でも曲がりにくい利点もあります。

まさに、飛んで曲がらないドライバーです。

 

3モデルとも高初速・低スピン!弾道の高さで選ぶ!

ステルスプラスドライバー

打感も過去のカーボンフェースドライバーとは一線を隠すもので、以前はボコッというこもった打球音で飛んでいる感じがしないものが多かったが、ステルスドライバーはそれを完全に払拭しています。

チタンの打感とは少し違い、フェースにボールが吸いつく心地よい打感で、飛んでいるという感触が伝わってきます。

3つのモデルは弾道が一番高いのはステルスHDで、次にステルス、最も低いのがステルスプラスとなっています。

求める弾道の高さで選べば、誰もが高初速・高打ち出し・低スピンで飛ばせる可能性があります。

 

純正シャフトのテンセイシルバーや話題のスピーダーNXもラインナップ

ステルスのシャフトは、純正のTENSEI SILVER TM50 ('22)のほか、TENSEI RED TM50、さらにカスタムでTour AD UB-6、SPEEDER NX 60、Diamana PD 60などが選べます。

話題のシャフトをラインナップしているのも嬉しいところです。

 

テーラーメイド・ステルスドライバーの価格

ステルスドライバーの定価は、ステルスプラスが82,000円、ステルスHDとステルスが79000円(いずれも純正シャフトの場合)です。

 

ステルスドライバー3種類の特徴を紹介します!

テーラーメイドSTEALTH PLUS+ ドライバー

ステルスプラスドライバー

10gのスライディングウェイト搭載のフラッグシップモデル

黒いヘッドということもありSIM2シリーズよりも引き締まった印象のステルスプラス。

カーボンフェースの打感は金属的で高めの打音です。

メタルフェースよりも弾きがよく低スピン。

アゲンストの風にも負けない強弾道が期待できます。左にひっかける感じがしないモデルです。

スペック
ロフト(フレックス)/9度(S)、10.5度(S、SR、R)
純正シャフト/TENSEI SILVER TM50
価格/8万2000円(セレクトフィットストア限定)

詳しい商品の特徴、価格はこちらで検索できます!

ステルスプラスドライバーを探す

ゴルフ専門店でさがす

 

ショッピングモールでさがす

 

 

テーラーメイドSTEALTH HD ドライバー

ステルスHDドライバー

ヒール寄りに重量配分されたハイドロー設計モデル

シリーズ中ではドローバイアスモデルですが、クローズドフェースでなくて上から見た感じは3つとも共通。

打ち出しの高さ、スピン量はステルスシリーズの中では最大で球のつかまりが良いモデル。

ただしスライサー向けというわけではないようです。

スペック
ロフト(フレックス)/9度(S)、10.5度(S、SR、R)
純正シャフト/TENSEI RED TM50
7万9000円

詳しい商品の特徴、価格はこちらで検索できます!

ステルスHDドライバーを探す

ゴルフ専門店でさがす

 

ショッピングモールでさがす

 

 

テーラーメイドSTEALTHドライバー

ステルスドライバー

イナーシャジェネレーターのウェイトを重くした高慣性モーメントモデル

前作のSIM2やSIM2 MAXの中間的なもでるで、スタンダードモデルとオートマチックモデルを足して2で割ったようなイメージ。

フェースが大きいので安心感があり、高スピンすぎず、低スピンすぎず、ある程度球のつかもりがあるモデル。3本の中では最もバランスのよいドライバーです。

スペック
ロフト(フレックス)/9度(S)、10.5度(S、SR、R)
純正シャフト/TENSEI RED TM50
7万9000円

詳しい商品の特徴、価格はこちらで検索できます!

ステルスドライバーを探す

ゴルフ専門店でさがす

 

ショッピングモールでさがす

 

 

US仕様をさがす

日本未発売モデルあり!

テーラーメイドのドライバーUS仕様はこちら

※注目のドライバーをお安い価格で!

 

 

公式サイト

https://www.taylormadegolf.jp/2022-new-product.html?lang=ja_JP

 

今回はテーラーメイドのステルスドライバーを紹介しましたが、いかがでしたか?

フェースの素材をメタルではなくカーボンでドライバーを作るという発想には脱帽ですね。
新しい感覚のドライバーなので、一度、試す価値はあるかもしれませんね。

参考までに。

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

いま売れてるドライバーはこれ!

ゴルフ専門店でさがす!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフパフォーマンス

ゴルフパフォーマンス

ゴルフクラブ買取はこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフギアの話, ドライバー

© 2022 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト