【覚えておきたいゴルフのルール】ティーマークを結んだ線にボールがギリギリ触れているのはルール違反?

覚えておきたいゴルフのルールを紹介します。

「確かこうだったはず」と思っていても、実際のラウンドでは曖昧になってしまいがちで、勘違いしていることもあります。

今回は「ティーマークを結んだ線にボールがギリギリ触れているのはルール違反?」について解説します。

ティーイングエリア

 

ティーペグがティーマークの外でデベソ、ボールはラインに触れているのは違反?

先日のラウンドで、同伴競技者がティーショットを打つためにティーアップ。

そのボールがティーマークよりも少し出ているように見えました。

いわゆるデベソってやつです。

よく見てみるとティーペグがラインの外に刺さっていて、ボールはティーマークの前の方のラインにわずかに触れていました。
さて、これはルール違反になるのでしょうか?

 

同伴競技者の意見はさまざま

今回のケース、同伴競技者の意見はさまざまです。

「ティーが前に出ていてもボールがラインに触れていればOKのような気もします。
ティーの位置はデベソだけど、実際にプレーするのはボールなので、それがセーフなら大丈夫ではないでしょうか?」

「いや、これは違反なんじゃないの?
だってティーペグがデベソなら、ティーアップはティーイングエリアの中にしなければならないと思う。ティーがデベソなら、やっぱりルール違反だと思うけどな。」

 

正解はティーイングエリアのプレー可能領域を線で描くとわかりやすい

そもそもテイーイングエリアはすべてのホールのプレーを始めるエリアです。つまり1打目をプレーする場所です。

その区域は見えない4つの線で区切られています。

  • ひとつは設置された2つのティーマーカーの一番前側(打ち出す方向側)を結んだ線。
  • その前方の線から2クラブレングスの長さまで下がったところの線。
  • さらにティーマーカーの左右の一番外側の線。

この4本の線を結んだ範囲がティーイングエリアになります(下記の図を参考)。

 

ティーイングエリアのイラスト

 

つまり、この4つの線の外側のボールを打つのは規則6.2b(2)の違反になるので、2打罰になります。

とても微妙ですが、ティーイングエリアの線にボールが触れていればOKで、一部分でも接していればセーフになります。

ゴルフのルールブックには「球の一部がティーイングエリアに触れているかその上にある場合はティーイングエリアの球」(規則6.2b。要約)とあります。

今回の場合は、前側の線に接しているボールなので、「触れている」ことになります。
つまりデベソではありません。

基準はあくまでボールの位置であるということが重要で、「ティーが出たらデベソ」というのは勘違いです。

一見すると「ティーイングエリア内にティーアップすべし」という言葉に惑わされがちですが、ティーショットはティーアップしないで地面に置いた球を打つこともあります。

それを考えれば「ボールが線に触れていればセーフ」ということも理解しやすいでしょう。

 

 

 

今回はティーマークを結んだ線にボールがギリギリ触れているのはルール違反かどうかを紹介しましたが、いかがでしたか?

しっかりとルールを守ってゴルフを楽しみましょう!

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフパフォーマンス

ゴルフパフォーマンス

ゴルフクラブ買取はこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのコラム
-

© 2021 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト