テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルの評価、特長、シャフト、球筋、スペック、最安値価格

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルの評価、特長、シャフト、球筋、スペック、最安値価格などを紹介します。

M1 460ドライバーは2016年モデルについで2017年モデルが2代目で、テーラーメイドの人気ドライバーです。

ヘッドの大きさが460ccのモデルのほかに、こぶりな440ccモデルもあります。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルの特長は?

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルは、

  • 飛距離よし
  • 操作性よし
  • 構えやすい
  • 強い球がでる

のが特長です。

それなりにヘッドスピードのあるアスリートゴルファーが使うと性能を発揮できます。
操作性が高く、安定した飛距離がのぞめます。

一方でゴルフをはじめたばかりの初級者、場合によっては中級者ゴルファーには向いていません。

クラウンの白い部分の形状が前作とは変わっています。
また、2017年モデルはM1の1がライムグリーンです。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルのゴルフ専門家の評価は?

テーラーメイドM1 460ドライバー 2017年モデルは、金谷多一郎さんのクラブ一刀両断では5点満点で4.3点との評価です。

打球音は穏やかだが、弾き感があり、ライナー性の強い弾道が打てる。
前作より少し向上したつかまり感、調整幅が広がったTトラックシステムで、より多くのゴルファーに、最適なセッティングをすることが可能。

また、テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルをゴルフアナリストのマーク金井さんがインプレッションしています。

マーク金井さんは総合4.2点と評価しています。

  • スピンを減らして飛ばしたい人
  • 弾道調整機能を求めるゴルファー
  • 左のミスを避けたいゴルファー

に向いていると分析しています。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルの球筋はドロー?フェード?

テーラーメイドM1 460ドライバー 2017年モデルの基本の球筋はストレートです。

しかしヘッド下面にあるT型のレールにあるウェイトを動かすことで、ドロー、フェード、球の高さを調整することができます。

もちろんライ角・ロフト角調整機能もあるので、そちらでも微調整が可能です。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル弾道の高さは?

テーラーメイドM1 460ドライバー 2017年モデルのボールの弾道は、基本的には中弾道から高弾道のロースピン系です。

ヘッド下面のウェイトを動かすことで、フェード、ドローの調整と同様に、弾道の高さも調整が可能です。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルがあつかえるゴルフレベルは?

テーラーメイドM1 460ドライバー 2017年モデルをあつかえるゴルフのレベルは、中級者以上です。
しかも上級者に近い中級者の方がいいでしょう。

ウェイトを動かして球筋の調整がある程度可能ではあるものの、基本的には簡単なドライバーではないので、扱うにはそれなりのヘッドコントロールが必要です。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルの適正ヘッドスピードは?

テーラーメイドM1 460ドライバー 2017年モデルの性能をひきだせるヘッドスピードは、44m/sec以上が目安になります。

あまりヘッドスピードが遅いようだと、飛距離アップはのぞめません。
その場合はM2ドライバーの方がおすすめです。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルのシャフトのラインアップは?

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルのシャフトは、

TM1-117
TourAD TP(ツアーAD TP)
Speeder 661 EVOLUTION III(スピーダー661エボリューションIII)
Diamana BF(ディアマナBF)
ATTAS Punch(アッタスパンチ)

がラインアップされています。

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルの主なスペック

ロフト角:9.5度、10.5度
ライ角:58度
ヘッド容量:460cc
長さ:45.5インチ(TM1-117)、それ以外は45.25インチ
総重量:312g(TM1-117S)
バランス:D2(TM1-117)、それ以外はD4.5
価格:72,000円+税(TM1-117)、それ以外は89,000円+税

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルの最安値価格は?

テーラーメイドM1 460ドライバー 2017年モデルの価格は、27,000円台からです。
※2018年2月9日現在、スペックにより異なる。

テーラーメイドはニューモデルがでると一気に価格が落ちてきます。

1月にM3、M4が発表されたので、M1、M2は新品は売り切りになるため価格が落ちてきました。

中古もそれにあわせて落ちそうですが、いまのところ割安感はありません。

⇒M1ドライバー2017年モデルを楽天市場でさがす

⇒M1ドライバー2017年モデルをヤフーショッピングでさがす

⇒M1ドライバー2017年モデルをAmazonでさがす

 

▼ゴルフ専門店でテーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルを購入するならこちら

ヴィクトリアゴルフでテーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルをさがす

二木ゴルフでテーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルをさがす

ゴルフ5でテーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルをさがす

GDOでテーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルをさがす

ゴルフパートナーでテーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデルをさがす

 

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル シャフト別最安値価格

▼各シャフトの最安値を楽天市場でさがすならこちらへ

⇒テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル(TM1-117)

⇒テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル TourAD TP(ツアーAD TP

⇒テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル Speeder 661 EVOLUTION III(スピーダー661エボリューションIII)

⇒テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル Diamana BF(ディアマナBF)

⇒テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル ATTAS Punch(アッタスパンチ)

 

テーラーメイド M1 460ドライバー 2017年モデル

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

いま売れてるドライバーはこれ!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフギアの話, ドライバー
-, ,

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト