【覚えておきたいゴルフのルール】グリーン上で打った球が同伴者の球に当たってカップイン!これはラッキーと喜んだけど…

2021/10/10

覚えておきたいゴルフのルールを紹介します。

「確かこうだったはず」と思っていても、実際のラウンドでは曖昧になってしまいがちで、勘違いしていることもあります。

今回はグリーン上でパットが他の球にぶつかったときの罰打について解説します。

 

グリーン上で素早くパットをしたら同伴者の球にあたってカップイン

ゴルフではプレーファストを心掛けることがマナーとなっています。

しかし時と場合によって、それも考えものです。
とくにグリーン上では注意が必要です。

とにかく早くプレーしようと思い、パットも素早く打ったらカップ方向からそれて、カップ横にあった同伴競技者の球にぶつかって方向転換。なんとカ ップインしてしまいました。

これはラッキーと喜んでいるけど…

はたしてこのカップインは認められるのでしょうか?

罰打はないのでしょうか?

また、どのような対処が必要でしょうか?

ゴルフのルール

カップインは認められるけど2打罰

動いている球が偶然に人や 外的影響(動物、自然物、 人工物など)に当たっても「どのプレーヤーにも罰はない(規則11.1a)」とあり、「球はあるがままにプ レーしなければならない』(規則 11.1b)とルールブックには大きく書かれています。

しかし、「罰なしでカ ップイン」は誤りです。

なぜなら11.1aには「ストロークプレーで、 パッティンググリーンでプレーされた球」という例外があるからです。

「プレ ーヤーの打球が他の球に当たり、 ストローク前に両方の球がパッティンググリーンにあった場合は一 般の罰(2罰打)を受ける」とあります。

つまり今回のケースはそのものズバリで、 カップインは認められるけど2打罰がつきます。

ちなみに当てられた同伴者の球は元の位置にリプレースできます。

また同時にパットした2つの球 がぶつかったときは、そのストロ ークはカウントせず、元の位置に リプレースして打ち直しになります。

グリーン上は時間がかかりやすいのでプレーファストを心がけることは大切ですが、他の球にぶつけるのは禁物です。
気をつけましょう!

 

 

 

今回はグリーン上でパットが他の球にぶつかったときのケースを紹介しましたが、いかがでしたか?

しっかりとルールを守ってゴルフを楽しみましょう!

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフパフォーマンス

ゴルフパフォーマンス

ゴルフクラブ買取はこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのコラム
-

© 2021 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト