ランニングアプローチ

2021/2/19

桑田泉プロが指摘するランニングアプローチの勘違い

アマチュアはランニングアプローチが一番と思い込んでいるゴルファーは多いですね。 でも、本当にそうでしょうか? ランニングアプローチでしっかり寄せられますか? ランニングアプローチの考え方が間違っていないか、しっかりできているのか、桑田泉のクォーター理論での解説を紹介します。   転がせば何でもピンに寄るって思ってませんか? ゴルフはゴロフって、世界の青木功プロは言ってましたが、ゴロで転がせばピンに寄るって思っていたら、それは勘違いかもしれません。 ある程度の経験値があって、技術があって、理論がし ...

2021/2/19

パットアプローチは失敗知らず!ウェッジをパターのように打てばショートゲームが安定

桑田泉のクォーター理論では、パターのようにウェッジを使うグリーン周りのアプローチをパットアプローチと呼んでいます。 パットアプローチを使うと、グリーン周りのザックリやトップがなくなりショートゲームが安定するので、スコアがまとまります。   アプローチでざっくりの失敗をなくしたいならパットアプローチ ドライバーでフェアウェイキープに成功、でも2打目のアイアンがグリーンオンせずに横のラフに。 寄せたいけど、そう思うとざっくりしそうで嫌ですよね。 そんな時はパットアプローチが失敗しないで便利です。 & ...

© 2021 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト