【新発売】新発売のガーミン アプローチZ80をレビュー!距離計測器のファインダーをのぞくとコースレイアウトが!

ガーミンの距離測定器 アプローチZ80が発売されました。
さっそくレビューをお届けします。

ガーミン アプローチZ80が発売されました!

ガーミン アプローチZ80は、ガーミン社が販売しているゴルフ用距離測定器の最新機種です。

ガーミンはこれまで腕時計型GPSナビに力を入れてきましたが、その技術と実績にファインダー式の距離測定器の正確性をプラスしたのがアプローチZ80です。

 

アプローチZ80の特徴

アプローチZ80には2つの特長があります。

まず1つ目が、ファインダー式のゴルフレーザー距離測定器にGPSナビをプラスしたハイブリッド型であることです。

そして2つ目が、グリーンの形状を把握できるグリーンビュー機能です。

この二つの機能がアプローチZ80の特徴です。

 

アプローチZ80のデメリット

アプローチZ80のデメリットを2つ紹介しておきます。

まず、GPSナビがファインダー上で見れるのは便利ですが、バッテリーの消費が通常のファインダー型のゴルフ距離測定器よりも多いことです。

カタログ上の稼働時間は約15時間で1ラウンドは十分に持つ設計ではありますが、天候や状況によって心もとないところがあります。

次に、サイズがやや大きめのことです。

ほかのゴルフ用のレーザー距離測定器に比べると、若干ではあるものの、大きめです。

 

アプローチZ80のメリット

最後にアプローチZ80のメリットを2つ紹介します。

特長はここ

  • レーザー距離測定器とGPSゴルフナビのいいところどり
  • ファインダーをのぞくとフルカラーのコースマップが表示される。
  • コースの全体図、ハザードやグリーンまでの距離や位置をマップ上で確認できる
  • 手ぶれ補正、ピンフラッグ認識機能が優れている

アプローチZ80は、レーザーによる高精度の距離計測に加え、GPS位置測位を使用したコースマップ表示が可能な距離計測器です。

高性能レーザーを搭載していてプラスマイナス0.27ヤードの超高精度な計測ができます。

また、ファインダーをのぞくと画面左にフルカラー2Dコースマップが表示され、コースレイアウト、ハザードやグリーンまでの距離が把握できます。

さらに内蔵センサーによる手ブレ補正がついているので、遠方のピンフラッグもしっかりと計測が可能です。

ピンフラッグを認識すると、照準が黄色に変化し、フラッグマークが表示されるフラッグファインダー機能が優秀で、ピンを捕捉したことをわかりやすく知らせてくれます。

さらにピンフラッグ捕捉時はマップがグリーン周りにフォーカスされるグリーンビューに切り替わり、グリーンの形状とグリーン前後までの距離が表示されます。

以上がアプローチZ80の紹介になります。

詳しい商品の特徴、価格はこちらで検索できます。

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

いま売れてるGPSゴルフナビ!

いま売れてるレーザー距離計はこれ!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-GPSゴルフナビ, ゴルフギアの話, ゴルフレーザー距離計
-,

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト