木戸愛プロ、2週連続1打差の2位

木戸愛プロ、2週連続で悔し涙!

http://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/64342/1/

木戸愛プロ、またまた1打差で2位でした。

2週続けて同じような展開だったので、デジャブかと思ったくらいです。

今週のセンチュリー21レディスでも好調だった木戸愛プロは、単独首位で最終日最終組。
誰もが「今週こそ!」と思ったいたので、ついつい力が入ってしまいました。

最終的には1イーグル4バーディ、2ボギー1ダブルボギー。スコアは70。
アン・ソンジュプロが最終18番でバーディーを決めて優勝したんですが、その直前の木戸愛プロのバーディーパットはしびれましたね。

残念だったのは、15番ホールですかね。
クロスバンカーからの2打目はバンカーの顎から近くて、フェアウェイに刻んで3打目へ。

この3打目、ゴルフ中継では75ヤードほどで52度のウェッジと言ってたんですが、木戸愛プロのスイングはほぼフルショット。
ちょっと大きいのでは?と思ってみていましたが…。

結果、3打目はグリーン奥のバンカー。
このホール、ダウルボギーで3位に後退しました。

それでも16番ホールではカラーからバーディーを決めて首位にならんで、これはいけるかなと思いましたね。

木戸愛プロ、ラウンド終了後のインタブーで「勝ちたかったですね」と。

きっとこの前に悔し涙と流していたでしょうね。でも、きっと優勝(2勝目)は近いですね。

「2週連続で、最後まで勝ちたいという強い気持ちでプレーできたことは、自分を強くしてくれていると思う。もう1回、自分を奮い立たせて頑張りたい」。

そんな風に語っていました。

頑張れ!木戸愛プロ!キドラブ!

 

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのニュース
-,

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト