渡邉彩香プロ、無念の池ポチャ

最終ホールで池ポチャ、渡邉彩香プロのオリンピック出場が遠のく

http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=44437

アメリカのメジャー、全米女子オープンゴルフで、上位進出ならリオオリンピックの出場が決まりそうな渡邉彩香プロでしたが、残念な結果になってしまいました。

前半の9ホールは、なんとか持ちこたえていた渡邉彩香プロ。

後半の9ホールも連続バーディなどがあって、ボーダーラインの30位が見えてきていたのですが…最終ホールで信じられないことがおきました。

最終ホールはパー5。ドライバーの飛距離も悪くなくて、残り220ヤードでした。

本来なら2オンできる距離ですが、確実にレイアップを選択。

しかし…。

3打目をまさかの池ポチャ。
悔やんでも悔やみきれない一打になってしまいました。

渡邉彩香プロの持ち味は、何と言っても飛距離。

素人考えですが、思い切って2オンを狙っていたら…と考えてしまいますね。

ホールアウト後のインタビューでは、悔し涙を見せていた渡邉彩香プロ。

これをいい教訓にして、さらにレベルアップをして欲しいですね!

東京オリンピックに期待しましょう!

 

 

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフのニュース
-,

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト