最新ゴルフクラブ・ゴルフ場予約から100切りのコツも!

GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト

ゴルフ雑誌情報 アルバ1/25号は「球が曲がらないアドレス!」

投稿日:

2018年1月11日にアルバトロス・ビューVol.740が発売になりました。

アルバトロス・ビュー2018年1/25号(Vol.740)の内容を紹介します。

 

曲がらないアドレスのコツは?

2018年1月11日にアルバトロス・ビュー2018年1/25号(Vol.740)が発売になりました。

 

表紙は松山英樹です。

 

今回のアルバは

球が曲がらないアドレス

が特集です。

 

曲がらないドライバーショットは、アマチュアゴルファーなら誰もが憧れますね。
さらに飛んだら最高です。

今回の特集では、グリップと肘をメインに取り上げています。

雑巾グリップ、右手フック、肘の方向など、チェックしておきたいポイントが紹介されています。

アドレス時の右肩の位置も含めて、総点検するための参考になります。

ショットが曲がって悩んでいるアマチュアゴルファーは必見です。

 

そのほかの記事で気になったのは、

20代の頃と同じイメージで振っていませんか?
45歳からの大人の飛ばし方

です。

 

最近、飛距離が落ちてきたなぁ〜なんて思うことが多くなっていませんか?

よくよく考えてみたら、20代は何も考えなくても飛んでいたような気がします。
でも30代に入って後半では足腰の衰えを感じてきて、40代に突入する頃には体が硬くなって、飛距離がガクッと落ちてきた…。

そんな経験、ありますよね〜

イメージは20代のままですが、40代では確実に可動域が狭くなっています。

今回の記事では、年齢に応じた飛ばしのテクニックが紹介されています。

腰割り体操やヒールアップなどなど、いろいろな飛ばし方がありますね!

このテクニックを覚えれば一番飛んでいた20代のころに近づけるかもしれません!
45歳、まだまだ飛距離をあきらめる歳ではないですよね!

 

また、とじ込みの特集は

冬ゴルフにオススメの20本
アプローチのミスがもっとも出やすい「冬芝」に強いウェッジ

です。

 

冬場にゴルフに行くとアプローチのミスが多くないですか?

実は1年のうちでアプローチがもっとも難しいのは芝が短い冬なんですよね。
芝が短いから、ほぼベアグランド状態のときもありますしね。

今回のウェッジ特集には、冬芝からやさしく打てるウェッジ20本が紹介されています。

これは助かりますね!
冬場のウェッジ選びの参考になりそうです。

 

そのほか

2018年、松山英樹を徹底解剖
”メジャー”で勝てるスイング大改造
八頭身・柏原明日架のロジカルゴルフ
スタイルは”八頭身”にしてゴルフは”理論派”の柏原明日架によるスラッと明快レッスン!
宮里藍 スペシャルインタビュー
「少しのんびりして、その後はジュニア育成にも携わっていきたい」

などが載っています。


今回のアルバは、アドレスを見直す良い機会になりそうな特集が載っています。

さらに40代から飛距離を伸ばす方法、冬場のウェッジ選びなど、アマチュアゴルファーにとって、痛いところに手がとどくような記事が豊富ですね。

40代、まだまだ飛距離をあきらめたくないですよね、やっぱり!

公式サイトはこちら
Amazonはこちら
Fujisanの定期購読はこちら

 

今回紹介したゴルフ雑誌

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフ書籍・本・雑誌
-,

Copyright© GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト , 2019 All Rights Reserved.