ゴルフ雑誌情報 パーゴルフ12/19号はアドレスはスクエアだけが正解ではない!

2017年12月5日に週刊パーゴルフ12/19号が発売になりました。
週刊パーゴルフ12/19号の注目記事などを紹介します。

 

シニアプロがお手本!飛ばしも技も達人に学ぶ!

週刊パーゴルフ12/19号が2017年12月5日に発売されました。

 

表紙はタイガー・ウッズです。

 

今週のパーゴルフの特集は

アドレスはスクエアだけが正解ではない!

です。

プロはアドレスに入ったとき、必ずスクエアにかまえていると思っていませんか?
実はそんなことはないらしいです。

フェードが持ち球のプロは、ややクローズド気味に被せて構えていたり、ドローを打つ場合はオープン気味に開いてフェースをセットするプロもいます。

実際の例を挙げながら、クローズ、オープン、スクエアにかまえているプロのアドレスを紹介しています。

思っているよりも球が右に出ている、左にドローしていくなど、違和感があるときにはアドレスの時のフェースの向きを気にしてみると良いかもしれません。

 

そのほかでは、

冬でも飛距離アップ! 今年最後のぶっ飛びボール打ち比べ

が冬ゴルフに役立ちそうです。

寒くなるとどうしても球が飛ばなくなりますよね。
だからこそ、飛び系ボールが重宝します。

飛距離に特化した9種類のボールを徹底的に分析して、試打しているので、飛ばない季節のボール選びの参考になります。

 

また

ヘッド体積が同じでも、こんなに違う! MOIで見るドライバー選び

も興味深い記事です。

MOIとは慣性モーメントのことです。
ドライバーにおいて、慣性モーメントはとても大切です。
数字が大きいほど、まっすぐ動こうとする基準になります。

ちなみにMOIが一番大きいのは、鈴木愛や宮里優作などプロにも人気のピンG400ドライバーです。
つまり、うまく軌道に乗せれば真っ直ぐ動いてくれるドライバーということです。

スライスに悩んでいるアマチュアゴルファーは、次のドライバー選びの参考にすると良さそうです。

そのほか

  • 4年ぶり日本人賞金女王! 鈴木愛 過去の女王をデータを比較してみた
  • “背骨の軸を真っすぐ立てて振れ“はウソだった!? 右ワキ腹の屈曲で球をつかまえる!
  • キラキラしてる~だけじゃなく、意外とストイック!?“インスタ”ゴルフ女子の生態
  • スンス・ハン/グリーン周りの順目の枯れたラフはヘッドを浮かせて構える
  • アンシネ、原江里菜、藤田光里に寒い、寒い冬到来
  • 〈ゼクシオ テン〉いよいよ今週発売だが、予約は前作の2倍に!?
  • 再び世界を目指して石川遼が挑む米下部ツアーのレベルって!?
  • 手嶋多一が尾崎将司に次ぐ22年連続シードを獲得
  • キム ハヌルほか韓国勢の今年の結果を韓国メディアはどう報じた?
  • パターカバーが即日完売!? “限定”アイテムはギアでも人気
  • 中堅の実力者を押し出す、女子ツアーの世代交代の波
  • トーナメントフラッシュ/キム ハヌル/小平智&宮里優作&池田勇太/時松隆光/手嶋多一/小祝さくら/オラフィア・クリスティンスドッティル
  • T・ウッズ ハロー・ワールド、アゲイン
  • 女子ファイナルQT注目の勝みなみ、インタビューは異例のテイク2

などが載っています。

 

プレゼントは

ダイナミックゴールドの軽量版

です。


今回のパーゴルフはアイアンのフェース向きに関しての特集でした。

自分の目から見えているフェースは、クローズなのかオープンなのか、なかなかわかりづらいですよね。
ゴルフ仲間に一度見てもらって、自分なりの基準を作るといいですよ!

公式サイトはこちら
Amazonはこちら
Fujisanの定期購読はこちら

 

今回紹介したゴルフ雑誌

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフ書籍・本・雑誌
-,

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト