最新ゴルフクラブ・ゴルフ場予約から100切りのコツも!

GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト

ゴルフ雑誌情報 ゴルフトゥデイ12月号は練習場で良いのにコースではダメな理由

投稿日:

2017年11月4日にGOLF TODAY(ゴルフトゥデイ)2017年12月号No.546が発売になりました。
GOLF TODAY(ゴルフトゥデイ)2017年12月号No.546の注目の特集などを紹介します。

 

 

6番ユーティリティでゴルフ人生が変わる?

GOLF TODAY(ゴルフトゥデイ)2017年12月号No.546が、2017年11月4日に発売されました。

 

表紙は池田勇太です。

 

ゴルフトゥデイ12月号は、

なぜ練習場では良いのにコースではダメなの?

をテーマに、興味深い記事が載っています。

ゴルフ練習場とゴルフコースは、思っている以上に違います。

ゴルフ練習場では

  • プレッシャーがない
  • 失敗しても安心
  • 足元が平ら
  • 何球でも打てる
  • ダフっても大丈夫
  • 目標に構えやすい

といった状況です。
緊張感がない状態でスイングをしています。

 

一方でゴルフコースでは

  • 池などのハザードがある
  • OBゾーンがある
  • いろいろな傾斜がある
  • 一発勝負の緊張感がある
  • 失敗のイメージが頭に浮かぶ
  • 目標を取りにくい

といった怖さがあります。

この怖さは、アマチュアゴルファーに限らず、プロゴルファーも同じように感じているといいます。

実際にコースに出る前に、すこしでもこの怖さを払拭するにはどうしたらいいでしょうか?

そこで今回のゴルフトゥデイでは、女子プロの朝練に注目しています。

ラウンド前の女子プロ練習法に学べ!
女子プロの朝練を密着取材!

と題して、女子プロの朝練を3つにタイプをわけて紹介しています。
ただし、鉄則として、朝練で「上手くなろうとしない」ことが基本です。

  • 基本に忠実派
  • ミス対策派
  • 超感覚派

の3つのタイプにそった朝練の方法が紹介されています。
この中で、どれが当てはまるかを考えて、朝練を実践してみると良いかもしれませんね!

そのほか、右脳と左脳の関係をゴルフのスイングに当てはめて検証している記事もあります。
これは面白いですね。

 

また、2打目、3打目に役立つ

この3つでどんなライでも怖くない!

は基本的に抑えておくと良さそうです!

  • グリップは短く持つ
  • 左足体重のままコンパクトに振り抜く
  • 思い切って2番手上のクラブを持つ

の3つです。

ラウンド前におさらいしておくと良さそうですよ!

 

そのほか、綴込付録の

5番ウッドでラクに真っすぐ飛ばしちゃおう!
最新5W31機種カタログ

は役に立つ内容です。

アマチュアゴルファーにとって、3Wはけっこう手強いクラブですが、5Wのほうがちゃんと当たって飛んだりします。
へたに3Wをつかうより5Wが安心ですね!

5W選びのポイント、31機種の最新5番ウッドカタログは重宝しますよ!

 

また、

巻末の100万円分プレゼントはキャロウェイ

です!


何号か前からゴルフトゥデイはひとつのテーマに沿った内容を、あらゆる角度から追求する方向になったようですね。

今回の、練習場では良くて本番ではダメというアマチュアゴルファーはかなり多いはずです。
いろいろな対処法が紹介されているので、自分にあったものを試してみて、本番力をつけていけば、スコアアップも望めます!

より深い内容になって、充実した記事が多いので読み応えがありますよ!

公式サイトはこちら
Amazonはこちら
Fujisanの定期購読はこちら

 

今回紹介したゴルフ雑誌

 

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフ書籍・本・雑誌
-,

Copyright© GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト , 2019 All Rights Reserved.