ゴルフ雑誌情報 アルバ10/12号はヒザをピーンと伸ばして250ヤード!

2017年9月28日にアルバトロス・ビューが発売になりました。
アルバトロス・ビュー2017年10/12号(Vol.733)の内容を紹介します。

 

 

飛ばし屋はインパクトでヒザが伸びている!

2017年9月28日にアルバトロス・ビュー2017年10/12号(Vol.733)が発売になりました。

 

表紙はイ・ボミです。

 

今回のアルバは

飛ばし屋の共通点見つけた!
ヒザをピーンと伸ばして出たぞ! 250ヤード

が特集です。

アメリカPGAツアーの飛ばし屋といわれるプロゴルファーには、共通点があるそうです。
じつは、飛距離が出るプロほど、インパクトからフォローにかけて両ヒザを伸ばしているとのこと。
これがヘッドスピードを上げる飛ばしテクニックらしいです。

40歳以上のゴルファーでもヒザをピーンと伸ばせば250ヤードは飛ばせる!ということです。

飛距離はアマチュアゴルファーの永遠の課題です。
今以上にドライバーを飛ばしたいなら、一度、確認してみるといいですよ!

 

そのほか

プロのティアップを徹底調査
飛ばせる高さが見つかった!

も興味深い記事です。

アマチュアゴルファーはコースに出るとドライバーショットが安定しないのはなんででしょうか?

コースにでると球がバラつく原因のひとつに、ティアップの高さが不安定なことにあります。
自分の高さをしっかり把握して、ちゃんとティアップすることが重要です。

でも、ティアプの高さ、どれが正しいのでしょうか?
迷いますよね。
そんなときに参考になるのが、今回の記事です。

プロのティアップの高さを徹底調査していて、高め低めなど、それぞれの理由も含めて、紹介しています。
上手にティアップするだけで、飛んで曲がらない球筋が手に入るかもしれませんね!

 

そのほか、

意識してない人は10ヤード損してる
ドライバーの飛距離は呼吸で変わる

もおもしろい記事です。

ゴルフでは、飛ばしたいと思うと、いつもよりバックスイングが深かったり、逆にスイングをコンパクトにしてミートを重視したり、それぞれ意識するポイントが変わります。
でも、これは結構難しいですね。

もっと簡単に、誰もができる方法はないのでしょうか?

実は呼吸法だけで、簡単にできるらしいです。

スポーツにおいて、呼吸はとても大切ですが、これで飛距離アップできたらうれしいですね!
普段はあまり気にしていませんが、効果ありそうですよ!

 

また、今回のアルバは

「力に頼らない」
一生モノの飛ばしBOOK

が付録です。

50歳を過ぎるととたんに「飛ばなくなった」と嘆くアマチュアゴルファーはおおいですよね。
でも、まだまだ諦めるのは早いです。

年齢をを重ねても、しっかり飛ばしの極意を知って、体のケアをしておけば、一生楽しめるのがゴルフの良いところです!

シニアゴルファーは一度読んでおくといいですよ!

 

今回のアルバは、全体的にドライバーの飛距離アップをテーマにした企画が満載です。
やっぱりアマチュアゴルファーにとって、ドライバーの飛距離アップは永遠の課題です。

インパクトで膝を伸ばすのは高度かもしれませんが、ティアップや呼吸法など、どれかひとつでも吸収して、飛距離アップしたらうれしいですよね!

公式サイトはこちら
Amazonはこちら
Fujisanの定期購読はこちら

 

今回紹介したゴルフ雑誌

最新情報を受け取る!

最新情報をメールにてお届け!
メルマガ限定「ゴルフ100切りのウソ・ホント?」も配信!

おすすめゴルフスクールはここ!

ゴルフクラブを売るならこちら!

スポンサーリンク

-ゴルフ書籍・本・雑誌
-,

© 2020 GOLF6|アマチュアのゴルフ上達法・ゴルフギア情報サイト